[ 株式会社 洋電社 ]
TOP 会社概要 取扱商品 メーカーリンク 洋電タイムス リクルート



96号(平成29年新春号)


心を合わせるということ 三原幸二

 東京出張からの帰り、難波駅から乗った電車でこんなことがあった。
 どこかに座れる場所はないかと、荷物を持って空席を探していたが、あいにく満席だった。
 せめて荷物だけでも置こうと思い、網棚に置いた。その下の座席には、六十年配の人たちが座っている。女性四人に男性一人、計五人である。その五人が、私が網棚に荷物を置いた瞬間、いっせいに動いた。
 座席を見ると、二人ぐらい座れる空間ができている。ついさっきまで、一人が座る余地もなかったのに。
 私は軽く会釈して、その空席に座らせてもらったが、席をあけてくださった五人の方の気づかい以上に、五人がいっせいに同じ行動をとった、ということに感心していた。
 目をつぶって会話を聞いていると、その方たちは、何かの趣味のお仲間のようである。
 日ごろから意思の疎通が図れているからこそ、以心伝心の動きができたのだろうと納得した。
 電車に揺られながら、私は会社の「意思の疎通」に思いをはせた。
 会社には、営業、仕入れ、会計、総務、いろんな部署がある。普段から他の部署と接する部署もあれば、ほとんど接しない部署もある。たとえば、会計と営業は前者であり、総務と営業は後者といえるだろう。
 しかし、どの部署の社員も、同じ会社で働いている同士である。普段からあまり接しない部署であろうと、何かの折に話ぐらいしたことがあるだろう。そのわずかの機会に、同じ社員の一員として、互いの仕事や人柄に関心を持とうという気持ちがあれば、その積み重ねが互いの理解につながっていき、何かの時には心を一つにしていっせいに動く、というようなことができるようになるかもしれない。
 日本の会社では、情報の共有化とか、一元化ということが言われて久しい。「部門間のカベを取り除かなければ、経営の効率化、スピード化は図れない」「各部署の目的は、会社の目的と同じでなくてはならない」ということもよく言われる。
 よく言われるということは、あまりできていないということである。「意思の疎通」は、大企業、中堅、小企業に関わらず、共通の課題のようである。
 「意思の疎通」に秘訣があるとすれば、電車で出会った趣味のお仲間のように、「気心の知れた間柄になる」ことかもしれない。
   (2004年7月執筆)

・平成29年度 展示即売会

10月1日 和歌山(新宮営業所)
10月14日 大阪(東、西、南、北
10月15日      堺、八尾、平野)合同
ご来場戴きまして誠にありがとうございました。

・第49回 奥様研修会

平成27年9月8日〜9日
 京都 嵐山 『びわ湖花街道』

・洋栄会、洋栄東会、洋栄南会 合同総会

平成28年11月8日〜9日
 福井県 芦原温泉『つるや』