[ 株式会社 洋電社 ]
TOP 会社概要 取扱商品 メーカーリンク 洋電タイムス リクルート



82号(平成22年新春号)


足元を見る 代表取締役社長 三原幸二

 最近、人さまの足元を見るのが、くせになっている。
 といっても、相手の弱みにつけこんで交渉ごとを有利に進めるくせがついたとか、友人知人の弱みをにぎってよろこんでいるとか、そういうことではありません。
 電車に乗ったときに、向かいに座っているかたの、それもご婦人がたの足元を見るのが習慣のようになっているのです。
 はじめは、見るともなく、ご婦人がたの足元に目が行ってたのですが、ほとんどの方が、両足をきちんと揃えて、しずかに座っていらっしゃる。
 中年かそれ以上の年配のかただけだろうと思っていたのですが、意外にも、二十代三十代の女性にも、両足をきちんと揃えて、しずかに座っていらっしゃる。
 もっとも足を組んだり、座ったとたんに化粧をはじめる不躾な若い女性も少なくありません。
 近頃は、そんなあけすけで作法を知らない女性は見慣れてしまいましたが、それだけに、両足をきちんと揃えてしずかに座っている若い女性を見ると、なんともいえぬ安堵感をおぼえるのです。
 この女性は、たぶん、しつけが行き届いた母親に育てられたのだろう。だから、この女性が母親になっても、自分がしつけられたと同じように自分の子どもを育てるのだろう。そんなことまで想像して、なんだかホッとするのです。
 辞書をみると、足元を見るという慣用句の<足元>には、「人の家柄・経歴。身元。氏素性」の意味があると出ています。
 ご本人は気がついていなくても、まさにその足元のしぐさに、そのひとの身元や氏素性、すなわち「人間性」の背景が見えているのです。
 そんなことを思いながら、ご婦人がたの足元をながめていると、殺伐とした事件が多い時代に、精神の優位をとり戻せるような、明るい気分になってくるから不思議です。
 こういう若い女性がたくさんいるかぎり、我が国の前途は心配ない−ちょっと大げさかもしれませんが、私にはそうんなふうにさえ思えるのです。

・平成21年度 展示即売会

10月 3日 新宮営業所
10月 9日 第一、第二営業部(東、西、南、北
10月10日        堺、八尾、平野)合同
ご来場戴きまして誠にありがとうございました。

・第42回 奥様研修会

平成21年9月9日〜10日
 豊岡・城崎温泉 『西村屋ホテル招月庭』

・洋栄会総会

平成21年11月26日〜27日
 洋栄会・洋栄東会・洋栄南会
 広島県 宮島 『みや離宮』