[ 株式会社 洋電社 ]
TOP 会社概要 取扱商品 メーカーリンク 洋電タイムス リクルート



73号(平成17年夏号)


お土産物 代表取締役社長 三原幸二

  旅行が好きである。なかでも見知らぬ土地へ行き、その土地の人々と出会うのを楽しみにしている。そのほかにも、訪れた土地の名物や独特の料理、新鮮な食材を味わう楽しみがある。
 お土産物を買うのも楽しみである。お渡しした時の笑顔を思い浮かべながら、あの人にはこれ、この人にはあれと品選びする喜びはまた一入(ひとしお)である。
 そんなお土産物について最近気になることを耳にした。ある地方の名産の漬物が、栽培されてから商品になるまで外国で作られているという話を、その地方の旅館の番頭さんが得意気に話しているのを聞いてびっくり仰天した。
 学生時代に食べた味が忘れられず、その地方に行くたびに、土地の人々が丹精こめて作ってくれている、そう思って買っていた漬物が、いつのまにか外国で作られたものが混ざっていると知ったときは、いささかショックであった。夢を壊された思いである。
 それ以来、包装の裏の表示を必ず見て、国産かどうかよく確かめるようになったが、昔、海外で買ったお土産にメイド・イン・ジャパンと印されていたことを思い出し苦笑した次第。
 その後は、その漬物を遠ざけるようになったのは言うまでもない。
 ところで、能登では毎月二十日に、地物しか売ってはいけない市があるらしい。懸命に「産地」を守ってくれているところがあるのは、我々には嬉しく心強いことである。

・第36回 新春交歓会

平成17年1月13日
 『キャバレー・サン』

平成17年度方針
 「独自のカラーを出せ 洋電社」

・洋栄奥様会

平成17年4月15日〜16日
能登 ねぶた温泉『能登の庄』

・第29回 洋電社オープン

平成17年6月6日
旭国際東條カンツリークラブ大蔵コース